株式会社アサヒ
ホーム > 業務内容 > ブラスト(Blast-cleaning)

ブラスト(Blast-cleaning)

金属表面処理:グリットブラスト処理/ビーナスサンドブラスト処理

 一般に、金属表面には、黒皮錆や熱処理を施した熱錆、その他の不純物が付着しています。
この状態で防食塗装を行うと、素地と塗料の密着性が悪く剥離の原因となります。
 従って、耐久性のある防食を行うに当たっては、素地と塗料を完全に密着させる必要があり、防食のための表面処理が不可欠となります。

ブラスト製造工程

ブラスト製造工程:施工前
施工前
ブラスト製造工程:施工後
施工後

 

研削材(研掃材)を被加工物表面に吹き付け(叩き付け)て清浄にします。
この目的は、通常の場合、被加工物表面を清浄化することおよび粗面化することです。

[参考資料]除錆度の各機関規格比較表

研掃材の種類で表面粗さは違います

お客様のご要望に応じてグリットブラスト、あるいはビーナスサンドブラストの使い分けが可能です。
各研掃材処理面の表面あらさの形状は以下となります。

各研掃材処理面の表面あらさの形状

ブラスト材の使い分けは、当社の営業にお問合わせ下さい。

 

お気軽にお問合せください!

TEL044-366-1221メールお問合せフォーム